債務整理で口座凍結されてしまったらどうする?

 

債務整理をすると対象となる銀行口座が凍結されることになります。
そのため一切の金額の出し入れが不可能となります。家賃、光熱費や水道代などの引き落としも出来なくなりますから、生活するうえで支障をきたしてしまいます。

 

 

しかし口座凍結されるのは対象になった金融機関だけですから、預金を何か所かに分けて貯金している場合は、あわてなくても良いでしょう。
しかし銀行の貯金で、同じ系列の店ではやはり同じようにお金の出し入れは出来ません。

 

あくまでも違う銀行系では凍結を免れることが出来るということです。

 

 

債務整理したい借金があるけれど、口座凍結は免れたいという場合、給与振込口座を変更することが第一です。
これで給与が差し押さえられることもなく、電気代や水道代などもきちんと引き落とされますから、日常生活を送る上での不便がなくなります。

 

 

しかし借金問題や債務整理の問題がなくなるわけではありません。
借金がチャラになることもありませんから、弁護士に依頼して債務整理をしっかり行いましょう。

 

個人で行おうと思う人もいるかもしれませんね。着手金など、弁護士に払う費用を心配する人もいます。
しかし債務整理などによる弁護士費用は出来高制などになっているため、それほど恐れる必要はありません。

 

借金問題は出来るだけ早く弁護士に相談して解決しましょう。